パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

HDDは消耗品でいずれ故障しますが、故障した時にどう対処するかが大切です。

$img['alt']

 

HDDが壊れた時に第一に行うこと。

パソコンの記憶装置であるHDD(ハードディスク)は機械である以上、故障する事が有ります。

経年劣化で故障することもあれば、振動や衝撃、雷などによる過電流や停電、電圧不良など様々な要因で故障いたします。

HDDは永久に使えると言う物では無く、いずれ故障することを見越してバックアップを定期的におこなうなど事前の準備が重要です。

残念ながらバックアップなどの対策をとっておらずHDDが故障してしまった場合も慌てずに対処してください。

ポイントは物理的な”故障”なのかソフト的な”破損”なのかです。

Windowsのシステム領域が書き換えられて、正しく起動できない場合などソフト的な破損であれば、市販のソフトなどでも復旧可能な場合が多いです。

逆に物理的な故障の場合、残念ながら一般の方ではデータの復旧はできません。

HDDから異音がする場合やスピンアップ(起動音)を繰り返す場合などは、物理的な故障が疑われますので速やかにパソコンの電源を落とし、専門の業者へご依頼ください。

 

 

意外に多い二次災害

HDDから異音などがしない場合、物理的な故障では無いであろうと自身でHDDをパソコンから取り出し、別のパソコンへ繋いでデータの取り出しを試みたりします。

何のことは無い作業のように思われますが、意外とこういう時にこそ事故はおきます。

かくいう私も過去に何度も痛い目に遭いました。

データの吸い出し作業は一時的な作業ですので、裸のHDDに直接ケーブルを繋いで作業したりします。

ところが思いのほか長時間の作業(数時間~数日)になりますので、そのままの状態で食事や睡眠をとったり、放置して仕事に行ったりします。 そうすると、ふとした瞬間に存在を忘れ手が当たったり、段差から落としてしまったりします。 裸のHDDにはこれが致命傷になります。

また、衝撃を与えなくとも慣れない作業で手順を間違えデータを上書きしてしまったりというのも意外と多く、 復旧できたはずのデータを今度こそ復旧できない存在にしてしまいます。

こうなるともう業者に頼むしかありません。 ただ、復旧の難易度は遥かにあがりますので、高額な復旧費用となることを覚悟してください。

 

 

不安ならプロに任せましょう

データ復旧作業は、原因が明確であれば対応策ははっきりいたします。

しかしながら症状の発生方法は様々で、初期は調子が悪いな程度の感じ方から始まる場合も多く、気になって試行錯誤してみた結果、症状が急激に悪くなり取り返しがつかないということもあります。

調子が悪いなと思ったら早めにプロに診断をお願いするのが安全かもしれません。

業者さんによっては修理診断を比較的リーズナブルな金額でおこなっているところもございます。

修理の診断をおこなった結果、HDDに故障が無ければ安心ですし、HDDに故障があった場合も比較的初期に対応が可能となります。

データ復旧も初期症状での依頼であれば費用を安く済ませることができるかもしれませんよ。

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。