パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

データ復旧はプロに相談が1番

$img['alt']

 

大切なデータを失ってしまう事があります

私達が撮影した写真やパソコンで作成した個人データ等は、パソコン内部のHDD(ハードディスク)に保管されるのが一般的です。

HDDは大容量でデータの転送速度も速く、大量のデータを保存するのに便利です。

ただ、HDDは衝撃に弱く、データを読み書きしている一瞬に衝撃を加えられると、いとも簡単に故障してしまいます。

最近ではUSBメモリやSDカードも大容量化が著しく、データの持ち運びやバックアップ、パソコンの補助ドライブとして利用される方も増えております。

USBメモリやSDカードはメモリの一種ですので、非常に小さく持ち運びに便利です。

ただ、その分筐体の耐久性は低く、保存されたデータの信頼性も低いです。

突然データが見えなくなったという例も多いです。

こういった機械側、ソフト側の問題だけでなく、ユーザー側の勘違いや判断ミスによってデータを失うことがあります。

ドライブを間違ってフォーマットしてしまった。

不要と判断して削除したファイルが実は必要だったなどの例が考えられます。

単に削除してしまっただけならゴミ箱に残っている可能性がありますが、そうでなければご自身でデータを取り戻すのは難しくなります。

 

 

データ復旧する際は、専門家の力を借りましょう

HDDの故障は時に営む事業に大きな遅延や損害など多大な影響をもたらす場合があります。

実際にそのデータを失った場合にどの程度の影響があるのかをしっかり考えたうえで対策をとるべきかと思います。

それほど影響がないものであれば、専門家に頼む必要もないかと思いますが、 もし失ってはいけないデータが含まれているのであれば、ご自身で試行錯誤されるよりも、専門の業者へご相談されるのが良いかと思います。

最近はデータ復旧の見積のみであれば無料の業者さんもあります。

信頼できる業者さんへご依頼されるのが解決への近道かと思います。

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。