パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

停電後動かなくなったLANDISKからのデータ復旧

$img['alt']

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:アイ・オー・データ製
型番:HDL-F160(160GB)
症状:電源が入らない
障害状態:HDDの認識不良(論理障害)
価格:【定額】¥49,800

期間:24時間以内
※オプション料金別


お客様より

先日きた台風の時に何回か社内の電気が消えかけることがありました。電気がついたり消えたりしている中、使用しているパソコンは影響を受けておらず、そのまま仕事していたのですが、いきなりHDL-F160が使用できなくなってしまいました。社内の電気が消えたタイミングと使用できなくなったタイミングがほぼ同時だったことから、電力が不安定になった時に使えなくなってしまったと思います。無事にデータを取り出していただけるとありがたいです。

診断の結果

専用機器を通してHDL-F160がのHDDの診断を行いました。診断内容の結果からはこれといった物理的な障害はなく、論理障害での対応が可能と判断しました。

復旧作業にチャレンジです

念のため、ディスクイメージの取得を行いました。想定内の時間でイメージ取得が完了できたことから、HDD自身は停電の影響を受けていないと、あたらめて確認することができました。取得イメージのデータ領域にアクセスし、データの正常性の確認を行いました。ランダムに選んだデータすべてが問題なく開くことができたため、復旧成功と判断し、お客様へ作業の結果を報告しました。

復旧作業の結果

限りなく100%に近い形でのデータ復旧作業完了と判断しております。最終確認で、直接データを確認いただいた際にも、問題ないと判断いただき安心しました。

担当技術者より

停電等突然機器への電力が遮断されると、データの読み書きを行うヘッド部分が本来の場所に戻りきらず、重度障害を発生させることがあります。数十秒程度電源を入れてみてHDDの動きがいつもと違うと感じられたら、すぐに通電を止めていただきご相談いただければと思います。

まとめ

今回は論理障害での対応でデータの復旧が完了できましたが、重度の物理障害を発生させていることもあります。専用の機器でなければHDDの診断のほとんどができません。無理せず、重症化を防ぐためにもまずはご相談いただければと思います。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



LANDISK
その他のLANDISKのデータ復旧事例はこちら

出張データ復旧


データ復旧クイックマン 心斎橋本店

 大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F

梅田大阪駅前店

データ復旧クイックマン 梅田店

 大阪市北区梅田1丁目2-2 大阪駅前第2ビル3F 303号室

お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。