パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

パソコンが故障?症状早見一覧紹介

$img['alt']

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコンが故障?症状早見一覧紹介

 

 

パソコントラブルの原因究明は非常に難しく、そのうえ何がどう壊れているのかがわからないと対処しようがありません。

本格的に故障部位を特定するには一つずつ調べていくしかありませんが、その症状から故障部位をある程度までは絞り込む事が可能です。

 

故障パソコンの症状早見一覧をご用意しましたので、故障個所の特定に役立ててください。

 

 

1.起動しない

1.起動しない

1.1 電源ボタンを押しても無反応

 

電源を入れたとき、通常は電源ボタンや電源ユニットのLEDが点灯します。何らかの理由で電気が供給できない状態になると、LEDが全く点灯せず排気ファンの回転などの動作も全くない状態になります。

 

主な原因 電源ユニット・MB・電源スイッチ・電源ケーブル

 

もしパソコン使用中に破裂音がして焦げ臭い匂いがしたというのであれば、電源ユニットのショートによるものだと考えていいでしょう。

基本的にはパーツの交換になりますが、修理業者によっては焦げ付いた箇所を修理してくれるところもあります。

 

 

1.2 HDDからカラカラ、カチカチという音がする

 

HDD(ハードディスク)が物理的に壊れていると、それまでの使用では聞いたことのないカラカラ、カチカチといった音が発生します。

データを読み込むヘッド部分が内壁や磁気ディスクにぶつかっている音です。そのまま使い続けると症状が侵攻していき、いずれは全くデータを読み取れなくなります。

 

主な原因  HDDの物理的な故障

 

まだデータを読み出せる状態であれば早めにバックアップをとってしまいましょう。そのうえで新しいHDDに交換、再セットアップしてしまえば新しい環境として使い続ける事ができます。

 

 

1.3 黒い画面に英文が表示される

 

パソコンを起動したタイミングでパソコンが異常を検出したとき、その場所を知らせてくれてる場合があります。よく見るとmemory Hard Disk といったパーツの単語が書いてあることも多く、そこが異常の存在する箇所になります。

 

主な原因 HDD・MB・メモリ そのほか

 

パーツ名が表示されているようなら該当部分を差し直しで改善する事も多いです。メモリであれば抜き差しするのも、それほど難しく無いのでチャレンジしてみても良いかもしれません。

 

 

2.画面が映らない

2.画面が映らない

 

2.1 Windows起動の音はするが画面は映らない

 

パソコンとWindowsは起動しているけれど、画面の表示ができていない状態です。画面そのものや経路、または画面表示を受け持っているパーツの故障が考えられます。

 

主な原因 MB・ディスプレイ・ディスプレイケーブル・ビデオカード

 

別のディスプレイやケーブルがあるようなら、一つずつ入れ替えていくことで故障個所を特定していきます。

最近のパソコンやディスプレイには画面を出入力するための端子が複数あることは珍しくありませんが、その全てを使う必要はありません。互いをつなぐディスプレイケーブルを複数つないでいると、Windows起動のタイミングで画面が消える事があります。

 

2.2 画面が急に消える

 

パソコン使用中に画面表示の信号がとぎれてしまうことで、画面の表示が一瞬だけ暗くなる状態です。

 

主な原因 ディスプレイ・ディスプレイケーブル・ビデオカード・電源ユニット

 

ディスプレイやビデオカードの劣化によるものとは別に、品質の悪いHDMIケーブルを使っている場合にはよく目にする現象です。HDMIケーブルは品質や相性によって画質や音質にかなりの差があるという点に注意しましょう。

稀に電源ユニットが原因の場合があります。電源ユニットは経年劣化による不具合が出やすいパーツであるため、長年使っているパソコンの場合は考慮しましょう。

 

2.3 画面に線が表示される

 

画面の端から端まで縦や横の線が入っている故障です。

 

主な原因 ディスプレイ・ディスプレイケーブル・ビデオカード

 

まず可能性の高いものがディスプレイかケーブルの故障です。ディスプレイ単品であれば買い替えることができます。しかし一体型やノートパソコンのような内蔵ディスプレイの場合は、メーカーまたはパソコン修理業者に依頼することになります。

稀にビデオカードの場合もありますが、どちらかと言うと全体にノイズが走るような形での症状が多いパーツです。

 

2.4    画面の色が全体的におかしい

 

青みがかったり、赤みがかったりと画面表示が全体的におかしい状態です。

 

主な原因 ディスプレイ・ディスプレイケーブル・ビデオカード・BIOS

 

最も多いのがディスプレイ接続端子の故障か接触不良です。端子部分の掃除やディスプレイケーブルの差し直しをまず試してみましょう。

稀にマザーボードのBIOS初期化バージョンアップで解消される場合があります。

 

 

3.動かない(固まる)、遅い

3.動かない(固まる)、遅い

3.1 動きが固まる

 

パソコン稼働中に操作を受け付けなくなる、いわゆるフリーズと呼ばれる現象です。

対処能力を超えた負荷がかかって動作が立ち行かなくなってしまっていると考えられます。

 

主な原因 マザーボード・メモリ・ビデオカード・ソフトウェア

 

全く操作ができない状態になってしまうと、電源ボタン長押しで強制的に電源を落とすしかなくなってしまいます。ただし、この操作は他の故障の原因になる可能性があるので、できるだけしない方が無難です。

アプリケーションソフトが原因になっている場合もあるので、症状が出始めた直前にインストールしたソフトがあればアンインストールして様子を見るのも一つの手です。

これをすると必ずフリーズするというキー操作が無い場合、原因を特定するのは非常に難しくなります。

 

3.2 動きが遅い

 

パソコンの性能と動作不可のつり合いがとれていない状態です。

 

主な原因 マザーボード・メモリ・ビデオカード・HDD劣化・バックグラウンドアプリ

 

特にパソコンに負荷をかけるような作業をしていないつもりでも、気づかぬうちに負荷をかけている場合があります。

余計なソフトがたくさんインストールされていたり、バックグラウンドで動いている常駐ソフトが多すぎる場合がそれに当たります。

無料ソフトをインストールすると、おまけで不要なソフトをインストールしている場合があります。大抵はインストールするかどうかをチェックボックスで選択するようになっているので注意しましょう。不要なソフトの判別がつくようであればアンインストールをお勧めします。

 

長く使ってるパソコンなら寿命により機能が低下しているのかもしれません。特にHDDが劣化するとデータの読み書き全てが遅くなってしまいます。

 

 

4.再起動する

4.再起動する

4.1 使用中に勝手に電源が切れて再起動する

 

パソコン使用中に勝手に電源が落ちて再起動する状態。

 

主な原因 HDD・MBマザーボード・電源ユニット・メモリ・HDD・ビデオカード

 

まずは熱暴走をうたがいます。パソコンは熱によって誤作動を引き起こします。ケースの排気口を書類などでふさいでしまっていないかチェックしましょう。使用開始から何年もたつパソコンの場合は中の埃を取り除くことのも有効です。グラフィックに負担をかけているタイミングのみの現象であればビデオカードの劣化・故障の可能性が高いと考えていいでしょう。

パーツ故障以外にもアプリの誤作動による負荷が原因の場合もあります。常駐ソフトの削除で改善無しなら、システムの復元や再セットアップも検討してみましょう。

ここまでで解決しないようならパーツの故障が考えらえれます。

 

4.2 勝手に起動する

 

触っていないパソコンが勝手に起動する状態です。電源を投入する機能に問題が考えられます。

 

主な原因 マザーボード・電源ユニット・メモリ・HDD・ビデオカード

 

パソコンによっては遠隔での電源投入機能を持っているものがあり、その誤作動の可能性があります。LANケーブルをつないでいるときにのみ発生する現象であるなら、LAN端子側がケーブルからのノイズを電源投入の合図と誤認してしまっている可能性が考えられます。

ハードウェア側の問題ではないようであれば、BIOSのPowermanagemetなどの設定やwindows設定上の問題である可能性があります。

 

5.おかしな画面が出る。ウイルス?

5.おかしな画面が出る。ウイルス?

5.1 脅迫文が表示される。ファイル名が変わって開けない。

 

画面に英語の脅迫文が表示されて操作不能になります。

 

主な原因 ランサムウェア(身代金要求型不正プログラム)

 

外部からの不正プログラムが感染したPCを使用不能にして、解除と引き換えに身代金を要求する手口になります。侵入手口は主に不正サイトやスパムメールから。疑わしいメールのURLのクリックはしないように注意してください。

 

 

5.2 パソコンが壊れているとソフトのインストールを促される。

 

「Windowsセキュリティシステムが破損しています」や「ウィルスに感染している可能性があります」といった偽警告画面や音声が再生されます。

 

主な原因 詐欺サイト

 

不正サイトへの誘導や電話をうながし、不正プログラムのインストールやクレジットカード情報などの個人情報を入力させる詐欺手口です。

 

5.3 アダルトサイトの料金請求

 

登録手続きをした覚えのない状況で「ご登録ありがとうございました」、「ご入会ありがとうございます」といった画面が表示されることがあります。

 

主な原因 ワンクリック詐欺

 

基本的にワンクリック詐欺は無視するべきものになります。消費者に対して十分な説明をなしていないワンクリックでの契約は、違法な手段による契にあたり法的に無効になります。

 

       ※無視してはいけない場合

       個人情報を入力した結果、本物の裁判所から「特別送達」と書かれた書類が送られてくることがります。

       「架空請求詐欺」に当たるので申し立てれば失効できるものになりますが、申し立てしないと支払い義務が発生するので注意しましょう。

 

 

6.インターネットにつながらない

6.インターネットにつながらない

6.1 ケーブルの断線・LANアダプタの破損

 

ケーブルまたはLAN端子が壊れてしまっている状態です。

 

主な原因 LANアダプタ・LANケーブル

 

まずは他のパソコンとネットワーク接続(つないでいるLANケーブル)を入れ替えて、問題がパソコン側かネットワークケーブル側かを切り分けましょう。

パソコン側に問題がないことがわかればケーブルを他の物に変更、パソコン側であればLANアダプタになりますので、マザーボードごと交換しないといけない場合が多くなります。

デスクトップパソコンであれば、拡張カードで別LAN端子を購入するといった手段もあります。

 

6.2 ルータの設定ミス・故障

 

主な原因 モデム・ルーター

 

ルーターに設定ミスや故障があると、そこを中継している機器がネットワークに接続できなくなります。

ルーターは動作上発生する熱によって不具合を起こす場合がありますので、その場合は再起動で元の状態に戻ることが大半です。

新しく機器を追加することで繋がったり繋がらなかったりする場合には、割当数が足りていないことが考えられます。DHCPのIPアドレス割当数の項目に接続したい機器数より大きな数を設定してあげましょう。

 

6.3 Wi-Fiに繋がっていない

 

同一ネットワーク環境の全て、ないし一部がつながらない状態になります。

 

主な原因 無線ルーター

 

パソコン側の設定や距離に問題ないならネットワーク機器側に問題があります。ただし設定が正しくても連続稼働時間が長いと不具合が起きる事がありますので、再起動してみましょう。

また一台だけの不具合であればネットワークドライバが壊れている可能性を考えて、ドライバの再インストールをお勧めします

 

まとめ

症状から、どんな機能に問題があるのかおおよそ割り出すことができます。

不具合のある機能を担っている部分を特定することができれば、自分でパーツを交換することで修理することもできるかもしれません。

作業が難しいと感じる方は、どんな症状が出ているのかをメーカーや修理業者に伝えて修理を依頼しましょう。

 

 

データ復旧クイックマン

データ復旧クイックマン
大阪市中央区南船場2-12-10ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。