復旧事例

【不正調査】初期化されていたノートパソコン(PC-LS350)からのデータ復旧(論理障害 神戸市兵庫区 サービス業)

投稿日:2021.10.12 更新日:2021.10.12


このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:NEC製 (HDD:WesternDigital製)
型番:PC-LS350(内蔵HDD:WD7500BPVX)
症状:初期化されてデータが消えていた
障害:論理障害(不正調査)
費用:49,800円~ (税込み54,780円~)
期間:1週間程度

 

※オプション料金別

 

お客様より

先日退職者に貸与していたパソコンを状態確認の為起動させてみると、初期起動時の設定画面が表示されました。初期化などは行わずに返却するように通達していたため、不正を行っていなかったかの確認が必要です。周囲からの信頼もあり、勤務態度も良かったため不正は行っていないと思いますが、テレワークが主体の勤務体制になっているため、会社からの確認指示が出ています。業務上のデータはクラウドで保存しているため社内への影響はありませんが、出せる限りのデータを取り出していただければと思います。

 

データ復旧のご依頼・費用のご確認などお気軽にご相談ください。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

 

診断の結果

潜在的な障害などの確認を行うため、専用機器にてハードディスクの初期診断を実施しました。特に物理的な障害は見当たらなかったため、作業フローをご案内し、不正調査対応での依頼をいただきました。

 

復旧作業にチャレンジです

専用機器にてクローン作業を行い、情報の保全作業を行いました。作成したクローンディスクを使用して、複数の解析ツールにて取得できたデータをすべて確保し、ランダムでのファイルオープン確認を行ってみました。作業の特性上、ファイル破損もありましたが、内容が確認できるデータのあったため、取得したデータを納品用媒体に保存しました。

 

復旧作業の結果

念のためにデータのお渡し前に業務上差支えのないファイルのいくつかを確認していただきました。その中にお客様自身が気になるというデータも見つかり、そのまま納品データとしてお渡ししました。

 

担当技術者より

データ復旧技術を転用した不正調査となります。以前にも営業所レベルでの不正調査のご相談をいただいた際には、担当者様が戦慄するくらいの不正情報が見つかったこともあります。現在のIT技術では、データ復旧とは違うアプローチで不正情報を暴くなんてことも可能です。ご相談を伺っていると、明らかなに不正疑惑があるとき以外は、会社の担当者様も”退職者には申し訳ないけど疑いを持ちたくないから・・・”という気持ちでお持ち込みされています。行ってしまった不正の中には刑事罰に発展する可能性があったりもするので、そもそも不正行為は行わないようにしましょう!

 

まとめ

初期化されていたノートパソコン(PC-LS350)からでも、クイックマンなら不正調査を行うことが可能です。まずは、フリーダイアルよりクイックマンまでご相談くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

大阪市中央区南船場2-12-10 ダイゼンビル4F

心斎橋本店

心斎橋本店

データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店

大阪市北区梅田1丁目1-1番3 大阪駅前第3ビル 2F

梅田大阪駅前店

梅田大阪駅前店

(東急ハンズから長堀通沿いに東へ30秒)

(大阪駅から地下街で直結、大阪駅真正面)

 

嶌津 篤勝(しまづ あつかつ)
幼い頃から様々な機器の分解が大好きで、ハードディスクの分解組み立てスピードと正確さはクイックマン随一の分解スピードマスター。精度も高く、分解成功率はなんと98%以上!頼れる分解技術者です。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/