パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

放置していたNASからのデータ復旧

$img['alt']

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:Planex製 型番:MZK-NAS02SG(1TB×2台構成、RAID0)
症状:アクセスできない  障害状態:HDD認識不良

以前に使用していたMZK-NAS02SGが古くなったので、新しいNASに入れ替えました。作業を行っていると、すぐにデータが溜まっていくので、MZK-NAS02SGに保管しているデータは必要最低限だけを移行させて使用していました。過去のデータが必要になったので、MZK-NAS02SGの電源を数年ぶりに入れてみたのですが、起動はしているようですがアクセスが全くできない状態になっていました。急ぎ目でデータが必要なので、何とかお願いします。

対応内容

MZK-NAS02SGのHDDの診断を行いました。1番側のHDDの一部に読み込めない領域があり、それが原因で、データにアクセスができなかったようです。ディスクイメージを取得し、RAIDの再構築を行ってからデータの復旧を行いました。データ確認を行っていただき、必要なデータがあることを確認いただいて復旧データとしてお渡ししました。

 

NASでもそうなのですが、起動はするが認識はしないというトラブルはそこそこにあります。ほとんどの場合が論理障害と診断できることが多いですが、場合によっては物理障害と判断をせざるをうないこともあります。今回のようなRAID0を採用されている筐体では、1台でも認識されないHDDがあると、データへのアクセスができなくなってしまいます。RAID0はデータの転送速度を重視したいときに採用されますが、データ保護の観点では、RAID1を採用するのが良いと思います。RAIDを構築する際にHDDが3台以上あれば、RAID5の選択もあるので、ご利用される環境に合わせた運用をお勧めします。

 

メーカーロゴから動かないノートパソコンからでも、クイックマンならデータ復旧できる可能性はあります!!まずはフリーダイヤルよりご相談ください。

 

NASその他のNASの復旧事例はこちら

 

データ復旧クイックマン
大阪市中央区南船場2-12-10ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。