パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

突然データが消えたUSBメモリからのデータ復旧

$img['alt']

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:Sony   型番:USM32GLX
症状:データ保存領域がほとんどない  障害状態:データが消えてしまった

データの持ち運びをしやすいように、USM32GLXにデータを保存して持ち歩いていました。今日も作業を行おうとしてUSM32GLXをパソコンに接続すると、ディスクのアイコンは表示されるのですが、中のデータが全く表示されなくなってしまっています。USM32GLXの中のデータがないと仕事にならないので、今すぐにでも必要なぐらいです。ファイルの種類はエクセルです。

 

対応内容

念のため認識の状態を確認すると、データ領域へのアクセスが可能であることが確認できたので、軽度障害として解析を行うことにしました。一部フォルダの構成が崩れてしまっている状態でしたが、データが存在していることを確認できたので、再度ご来店いただきデータの確認を行っていただきました。必要なデータが復旧できていたので、復旧データとしてお渡しし、作業を完了しました。

 

皆様におきましても油断していると発生するかもしれないトラブルでした。32GBのUSBメモリの場合、データを書き込める容量30GB弱になります。残りの領域はメモリ領域となるのですが、一時的にデータ用の領域も使用するので、ある程度の容量は常に開けておく必要があります。今回復旧を行ったときのデータ量が30GB弱でした。あと数百MBのデータを書き込まれると、書き込み量が100%になるという非常事態です。マイコンピュータなどで、使用量を確認することができますので、必要に応じて確認をしていただき、データの移動を行うようにして下さい。パソコンは自己責任の要素が多い機械ですので、トラブルが起きないように自己防衛を行っていくこともお忘れにならないようにしてください。

 

データの書き込み量がいっぱいになってアクセスができない媒体からでもデータ復旧ならクイックマンおまかせ!!まずはフリーダイヤルよりご相談ください。

 

 

データ復旧クイックマン
大阪市中央区南船場2-12-10ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。