パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

フォーマット要求されてしまうSSDからのデータ復旧

$img['alt']

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:ADATA社製   型番:ASP600S3-256GM-C(256GB)
症状:アクセスできない  障害状態:認識不良

元々HDDが搭載されていたノートパソコンを使用していましたが、保証が既に切れていたのと処理が重たくなってきていた感じがしたので、試しにSSDに換装してみると、今までに比べて覚醒したかのような速さで快適に使っていました。そんなこんなで1年ほど使用していたのですが、先週パソコンを立ち上げようとしても全く移動しなくなってしまいました。USBの変換ケーブルで他のパソコンから確認をしようとしたら、フォーマットしてくださいと表示されデータにまったくアクセスができなくなっていました。データの取り出しって可能でしょうか?よろしくお願いします。

対応内容

ASP600S3-256GM-Cの診断を行ったところ、データ領域へのアクセスが可能な状態でしたので、どこまでの状態でデータの復旧ができるのか解析作業を開始しました。結果、フォルダとファイルの構成が見えてきましたので、一度データの確保を行い、データの確認を行っていただきました。データは元通りに復旧できているとのことでしたので、復旧データとしてお渡しさせていただきました

 

SSDはUSBメモリなどと同じくフラッシュディスクとして扱われているため、データの書き込みがHDDをは違うものになります。よくあるトラブルが、一部のパーツの破損で、データ領域にアクセスができなくなるというものです、これが発生すると、SSDを構成するデータが書き込まれているチップを一つずつ情報解析を行って統合してデータを復旧するというプロセスが発生するため、非常に高額になってしまいます。デスクトップPCや複数台のストレージを接続できるノートPCでは、データの保存はHDDを使用し、システムはSSDに保存するという形が一般的になりつつあります。

 

SSDでフォーマット要求されてもデータを取り戻すことは可能です!まずはフリーダイアルよりご相談いただき、無料診断をご利用ください。

 

データ復旧クイックマン
大阪市中央区南船場2-12-10ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。