復旧事例

落下させてしまったLinkStation(LS210D0201C)からのデータ復旧(重度物理障害 HDDから異音 滋賀県草津市 サービス業)

投稿日:2021.10.18 更新日:2021.10.18


このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:BUFFALO製 (内蔵:東芝製)
型番:LS210D0201C (内蔵:DT01ACA200)
症状:落下後からカチカチと異音
障害:重度物理障害
費用:118,000円 (税込129,800円)~
期間:約1週間

 

※オプション料金別

 

お客様より

パソコン4台の共有用に使用していたネットワークHDDですが、電源が入っている状態のまま誤って落下させてしまいその後から「カチカチ」といった異音が鳴り始めるようになりました。電源を入れてみると緑だったランプが赤いランプ点灯となり、起動できなくなってしまったのですがデータ復旧は可能でしょうか?

 

データ復旧のご依頼・費用のご確認などお気軽にご相談ください。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

 

診断の結果

専用機器にて内蔵されている3.5インチHDDの診断作業を実施しました。通電確認、認識・制御確認の順番に診断を行いますが、通電確認の段階で「カチカチ」と異音が発生し次の認識・制御の確認ができない状態であることが確認できました。内部部品が損傷している可能性が高く、クリーン環境での部品交換作業が必要であると判断しました。

 

 

復旧作業にチャレンジです

クリーン環境で内蔵されているHDDの分解作業・部品交換交換作業を行いました。損傷しているパーツの交換作業を実施した上で専用機器で通電・認識が可能かどうかを確認してみると正常認識が可能でした。認識できるようになった障害HDDのクローン作業を行いましたが、99.99%以上の精度でクローンHDDの作成が完了しました。クローンHDDの解析作業を実施することでお客様のデータが確認できるようになりました。

 

復旧作業の結果

解析作業によって出てきたデータを当社環境にてファイルオープン確認を実施しました。お客様からご依頼時にヒアリングしていた重要データの確認やランダムオープン確認を実施した結果50点中50点正常に開くことが確認できました。お客様にもデータ確認のためにご来店いただきデータを見ていただくと十分に復旧できているとのことでした。保存用メディアにデータをコピーしお渡ししました。

 

担当技術者より

今回は、東芝製のハードディスクが内蔵されているリンクステーションで落下後に異常音が鳴り始めたという事例でした。東芝製のハードディスクで重度物理障害のご対応をさせていただくことはよくあります。クイックマンでは、重度物理障害が発生している東芝製のハードディスクで非常に高い復旧成功率があると自負しています。東芝製のハードディスクで重度物理障害が発生した場合はぜひクイックマンにご相談ください。

 

まとめ

誤って落下させてしまい、起動できなくなったリンクステーション(LS210D0201C)からでもクイックマンなら即日診断、どこよりも早くデータを復旧することが可能です。まずは、フリーダイアルよりクイックマンまでご相談くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

大阪市中央区南船場2-12-10 ダイゼンビル4F

心斎橋本店

心斎橋本店

データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店

大阪市北区梅田1丁目1-1番3 大阪駅前第3ビル 2F

梅田大阪駅前店

梅田大阪駅前店

(東急ハンズから長堀通沿いに東へ30秒)

(大阪駅から地下街で直結、大阪駅真正面)

 

嶌津 篤勝(しまづ あつかつ)
幼い頃から様々な機器の分解が大好きで、ハードディスクの分解組み立てスピードと正確さはクイックマン随一の分解スピードマスター。精度も高く、分解成功率はなんと98%以上!頼れる分解技術者です。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/