復旧事例

2008年製パナソニック ブルーレイレコーダーDIGA DMR-BR500からのデータ復旧(物理障害 大阪市北区 個人様)

投稿日:2021.09.29 更新日:2021.09.29


このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:パナソニック
型番:DMR-BR500
症状:起動しても「Please」の表示から進まない
障害:論理障害
費用:99,800円~ (税込み109,780円~)
期間:1週間

 

※オプション料金別

 

お客様より

個人で使用していたパナソニック製のレコーダーが故障し電源を入れても「Please」の画面から動かなくなりました。修理店に問い合わせたところ、内蔵されているハードディスクが故障している可能性が高いとのことでした。また、年数がたっている為、修理等の対応ができないとのことでした。仮に修理ができたとしてもデータがなくなるとのことでした。子供の10年間の成長の記録動画が保存されているので何とかデータの復旧をお願いします。

 

データ復旧のご依頼・費用のご確認などお気軽にご相談ください。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

 

診断の結果

レコーダーに内蔵されているハードディスクを取り出し、専用機器で診断した結果、不良セクタと呼ばれる読み取りのできない領域を多数確認しました。データを復旧する為には、ハードディスクの物理障害処置が必要と判断いたしました。

 

 

復旧作業にチャレンジです

内蔵ハードディスクをデータ復旧の専用機器で制御し、クローンの作成を実施しました。データの読み込みができない不良セクタは部分的に読み取り時間を長くするなど調整を行いできる限り100%に近い複製を試みました。結果として99.99%以上の情報を正常に読み取ることができました。その後、作成したクローンハードディスクの解析作業を行い、お客様の必要なホームビデオのデータを確認することができました。

 

復旧作業の結果

解析作業で確認できたデータを一時取得し、店頭にお客様にご確認いただきました。結果として、お客様の必要な動画は全て復旧できているとのご判断をいただくことができ、無事ご納品させていただくことができました。

 

担当技術者より

ブルーレイレコーダーは、メーカー独自のシステムを採用しており特殊な復旧手法が必要となります。その結果、個人様では負担することのできない高額な復旧費用になったり、復旧自体ができないデータ復旧会社もあります。クイックマンでは、個人のお客様のデータをできる限りお救いする為に、できる限りリーズナブルな価格設定でブルーレイレコーダーのデータ復旧を行っています。

詳しいご説明は下記サイトをご参考いただければ幸いです。

 

まとめ

「Plese」表示から進まないパナソニック製ブルーレイレコーダーからも、クイックマンならデータ復旧が可能です。まずは、フリーダイアルよりクイックマンまでご相談くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

大阪市中央区南船場2-12-10 ダイゼンビル4F

心斎橋本店

心斎橋本店

データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店

大阪市北区梅田1丁目1-1番3 大阪駅前第3ビル 2F

梅田大阪駅前店

梅田大阪駅前店

(東急ハンズから長堀通沿いに東へ30秒)

(大阪駅から地下街で直結、大阪駅真正面)

 

嶌津 篤勝(しまづ あつかつ)
幼い頃から様々な機器の分解が大好きで、ハードディスクの分解組み立てスピードと正確さはクイックマン随一の分解スピードマスター。精度も高く、分解成功率はなんと98%以上!頼れる分解技術者です。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/