パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

アクセスができないノートパソコン用HDDからのデータ復旧

$img['alt']

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:Hitachi
型番:HTS545050A7E680
症状:パーティション破損
障害状態:論理障害
費用:39,800円(+税)
期間:4日程度

※オプション料金別



お客様より

ASUSのパソコンで使用していたハードディスクです。パソコンが起動しなくなったため、以前から興味があったSSDに換装してパソコン自体は使用しているのですが、どうしても保存されているデータが必要な状態なので復旧をお願いしたいと考えています。USB接続で認識するか確認してみましたが、おそらくOSがあると思われるパーティションだけアクセスができません。よろしくお願いします。

診断の結果

専用機器にて診断を行ってみました。起動から認識まで正常に行えており、データも確認が可能な状態でした。論理障害用のデータ復旧機器に接続して確認を行ってみると、解析ツール上からはデータが確認できますが、実際はお客様から伺っていた通り、OSが入っているパーティションには悪背氏ができない状態でした。論理障害と判断し、診断の結果をお客様にお伝えしました。




復旧作業にチャレンジです

念のため、ディスクイメージの取得を行いました。イメージは100%の状態で取得できたため、ディスクイメージからデータの取得を行いました。後日お客様に取得データの確認を行っていただくことにしました。

復旧作業の結果

取得したデータの確認を行っていただきました。最重要のデータが写真データということで、写真データを中心に確認を行っていただきました。確認いただいた範囲内ではすべての写真データを開くことができたため、復旧成功と判断していただき、復旧データとしてお渡ししました。


担当技術者より

見た目、正常に動いていそうなハードディスクでも負荷がかかると突然破損してしまうことがあります。データ復旧作業はどうしてもお預かり機器に負荷をかけなければデータを取り戻すことができません。そのため、自社内で所有しているハードディスクに、ディスクイメージという形でデータを保全し、取得したディスクイメージに対して負荷の強い作業を行っております。そうすることで特に重度障害に発展しやすいハードディスクであっても安全にデータを復旧させることができます。ハードディスクの状態によっては少々お時間をいただきますが、お客様の大切なデータを安全に取り出すための措置ですので、ご理解いただきますよう、よろしくお願い致します

まとめ

アクセスできないノートパソコン用ハードディスクでもクイックマンなら対応が可能です。お困りの際には、まずご相談いただけますようお願いいたします。


嶌津 篤勝(しまづ あつかつ)
幼い頃から様々な機器の分解が大好きで、ハードディスクの分解組み立てスピードと正確さはクイックマン随一の分解スピードマスター。精度も高く、分解成功率はなんと98%以上!頼れる分解技術者です。


データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

ノートパソコン
その他のノートパソコンのデータ復旧事例はこちら



出張データ復旧

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

 大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F

データ復旧クイックマン 梅田店

 大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル2F

お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。