パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

【出張データ復旧の全て】をお教えいたします!

$img['alt']

このエントリーをはてなブックマークに追加

クイックマンでは、出張緊急でのデータ復旧のご相談を多数いただいております。
お問い合わせいただく時点でお客様が最も気なさるのが、【どれくらいの期間でデータ復旧ができるのか?】という点です。

そこで、今回は先日ご対応させていただいた出張データ復旧の事例を時系列に詳細にお伝えいたします。

 

【5月某日18時30分】お問い合わせ

お問合せ

5月某日18時30分頃、クイックマンにご相談のお電話をいただきました。

お問い合わせ内容
<お客様>
兵庫県県神戸市の学校様
<障害機器>
LANDISK(1.0TB×4台構成)
<障害内容>
当日の夕方頃から全くアクセスできなくなっている。電源を入れなおす等を試してみたがアクセスできない。
<お客様状況>
明日から学校内のテストがあり問題が保存されている。
テスト問題が漏洩しないように現時点でプリントアウトや他の機器にデータが一切残っていない。すぐにでもデータが必要とのこと。

お客様の状況を踏まえ、緊急度が高いと判断し出張でのデータ復旧をご提案させていただきました。
お電話でのご相談時間は15分程度となります。

【ポイント】
クイックマンではコールセンターではなく技術者が直接お電話対応しますので、無駄な確認事項がありません。


 

【5月某日19時】心斎橋本店より専門技術者が出発

出張データ復旧

お客様の緊急事態ですので、すぐに心斎橋オフィスを出発しました。

【ポイント】
クイックマンでは、緊急対応専用の機材を常時準備しておりますので迅速な出動が可能です。

 

【5月某日20時】お客様の元へ到着し状況のヒアリング

診断申し込み


お客様の学校に到着し、機器障害発生時の状況と、現在の症状のヒアリングを行いました。
4台のHDDの内、2台のHDDにエラーが発生しアクセスができないとのこと、
また、データ復旧の期限として翌日の朝6時までに、最低限のデータだけでも取り出せないと定期テストを延期しないといけないとの切羽詰まった状況であることをお伺いいたしました。
20時過ぎにも関わらず学校には、校長先生教頭先生をはじめ20人~30人程度の先生方が残られており緊急事態であることを再認識いたしました。

【ポイント】
クイックマンでは、お客様一人ひとりの状況に合ったご対応を行う為に、緊急対応の場合でも初期診断前のヒアリングは時間をとって、しっかりと行います。 お客様の状況を的確に把握し、最適な対応を行う為です。

 

【5月某日20時30分】初期診断

初期診断

初期診断を行いデータ復旧可能かどうかと、データ復旧にかかる時間を調査します。
まず、PC3000というデータ復旧専用機材で4台あるHDDの物理的な障害を1台づつ調べます。 その後、物理障害の発生していないHDDからLANDISKで構築されているRAID構成を調べます。

今回の診断では、4台あるHDDの内、2台に中度の物理障害が発生していることと、構築されているRAID構成がRAID5であるということがわかりました。 物理障害の具合などを総合的に考慮し、すぐにデータ復旧作業に着手すれば最低限必要なデータであれば翌日の朝6時までに復旧できると判断し、お客様にお伝えいたしました。

【ポイント】
データ復旧の正確な診断を行うには経験が必要です。クイックマンでは、データ復旧で10年以上の経験を持つ技術者が在籍しており正確な診断結果をお伝えすることが可能です。

 

【5月某日21時30分~翌日4:30】復旧作業~完了まで

データ復旧作業

お客様にご了承をいただいた後にデータ復旧作業を開始しました。
まず、物理障害のあるHDDを専用機器で制御し記録されている情報を正常なHDDに書き写す磁気転写という作業をおこない物理障害のあるHDDと全く同じ記録情報をもったクローンHDDを作成します。次に、作成したクローンHDDと、物理障害の発生していなかったHDDを使用し、復旧ソフト上でRAID構築を行います。

作業を行った結果、復旧ソフト上でLANDISKに保存されていたデータを確認することができましした。
時刻は深夜3時過ぎでした。

ここから、データの確保作業を開始します。しかし、今回確認できているデータの総容量が約1.9TB、全ファイル数が250万ファイルと非常に多く、全てのデータを確保するには1日~2日程度がかかります。
そこで、お客様にデータをご確認いただき優先度の高いデータを選択していただきました。
優先度の高いデータは約50GBで、1時間程度で確保作業を完了することができました。

確保したデータをお客様にご確認いただいた後にご納品いたしました。

また、全てのデータを復旧するには1日~2日程度時間がかかる為、残りのデータは障害HDDを お預かりし当社内でデータ復旧を行う方法をご提案させていただきました。
機密性の高いデータが保存されていた為、障害HDDをお預かりさせていただく際には、 もちろん、秘密保持契約を締結させていただきました。

お預かりしてから2日後に復旧できた全てのデータをお客様にご確認いただいたき必要なデータが100%復旧できていることをご確認いただいた後にご納品させていただきました。
今回のお客様からは、本当に助かりましたと感謝のお言葉をいただくことができました。

【ポイント】
データ復旧作業は時間がかかります。 クイックマンではできる限りお客様にご安心いただく為、進捗状況を都度お伝えしな がら進めるよう心掛けています。

 

まとめ

出張データ復旧の具体的な事例をご紹介させていただきました。
いかがでしたでしょうか?
出張データ復旧のイメージをお伝えできていれば幸いです。
大容量のNAS機器やサーバ機器のデータ復旧は意外と時間のかかるケースも多くあります。クイックマンでは、お客様の状況を第一に考えてご提案させていた だくよう心掛けております。

お困りの際には、ぜひ一度ご相談ください。

 

 

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



サーバー RAID SAS
その他のサーバー機復旧事例はこちら

出張データ復旧


データ復旧クイックマン 心斎橋本店

 大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F

梅田大阪駅前店

データ復旧クイックマン 梅田店

 大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル2F

お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/



パソコンの高価買取実施中!詳しくは・・・・

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。