復旧事例

引っ越し中に衝撃を与えてしまったLANDISKからのデータ復旧

投稿日:2018.04.03 更新日:2018.04.03

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:アイ・オー・データ 型番:HDL-A2.0
症状:アクセスができない  障害状態:認識不良

サーバーとして使用しているHDL-A2.0なのですが、社内の席替えの際に部署ごと移動することになり、それに伴ってHDL-A2.0も移動させることになりました。HDL-A2.0の移動を部下に任せたのですが、落下させてしまい、起動させてもカタカタとなり起動せず、USBで認識するか試しましたが、まったく認識してくれません。エクセルやワードやPDF、CADが必要なデータです。できるだけ早くデータがほしいのでお願いします。

対応内容

HDL-A2.0の診断を行いました。お客様から伺っていた話では重度の可能性が高かったのですが、専用機材にてなんとか制御が可能な状態でした。ディスクイメージを取得し、データ領域にアクセス巣たところ、データの確認ができ、問題なく開くことができたので、復旧データとしてお渡ししました。

 

今回はなかなかのレアパターンでした。ほとんどの場合、カチカチと音がすると、まず重度物理と診断せざるを得ないのですが、物理障害の診断機器で制御がきいたので、非常に安心しました。お問い合わせいただいたお客様すべてに何かしらの形で、クイックマンまで機器をお持ちいただくようにお願いをしておりますが、今回のようなレアパターンを発見するためにどうしても必要なので、お持ち込みいただくよう、お願いをいたしております。

 

カタカタと音が鳴っていてもクイックマンならデータ復旧できる可能性はあります!!まずはフリーダイヤルよりご相談ください。

LANDISKその他のLANDISKのデータ復旧事例はこちら

 

データ復旧クイックマン
大阪市中央区南船場2-12-10ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/rescue/