パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

認識しなくなった内蔵HDDからのデータ復旧

$img['alt']

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:Seagate 型番:ST1000DM003
症状:認識しない  障害状態:制御基板損傷

会社のデスクトップパソコンで、データ保存用にST1000DM003を追加して使用していました。先日出社してパソコンを立ち上げると、正常に起動していたので、そのまま作業を行おうとすると、データドライブが認識してくれなくなっていました。どんな動きをするのか見てみると、ディスクが乗っているモーターは回っているが、それ以外は全く反応がない状態でした。制作作業自体はスケジュールに余裕を持たせているので今すぐに必要とまではいきませんが、どうしても必要なデータであることには変わりがないので、データ復旧をお願いします。

対応内容

こちらのHDDを診断してみると確かにモーターは回るがヘッドは動かないという状態でした念のため、別の同型機HDD用意し制御基盤の交換を行ってみると、ヘッドが稼働することの確認が取れました。障害が起きた制御基盤の再調整を行って起動させてみると、正常に稼働できたので、ディスクイメージをすぐに取得開始して、データ復旧を行いました。

 

HDDの重度障害が発生すると、部品交換を行って正常に動く状態にするため、”修理をする”という風に理解されてHDDも正常な状態で返却されると思われがちですが、あくまでデータを取り出すために何とか正常に稼働するという状態を作り出しているにすぎません、交換した部品が障害機器に合えば長時間使用することもできますが、合わなければ、起動後まもなく壊れてしまいます。ですので、ストックしている部品はあくまで一時的にデータを取り出すために使用をしているということをご理解くださいますようお願いします。。

 

起動してモーターしか回らないHDDでもクイックマンならデータ復旧できる可能性はあります!!まずはフリーダイヤルよりご相談ください。

 

 

データ復旧クイックマン
大阪市中央区南船場2-12-10ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。