パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

電源を間違えて起動しなくなった外付けHDDからのデータ復旧

$img['alt']

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:WesternDigital 型番:WD30EZRZ
症状:認識しない  障害状態:制御基板損傷

客先で運用中のデータを保管しているのですが、先日社内でデータの確認を行うためにWD30EZRZを使用して環境を構築しようとしてパソコンにつないだのですが、まったく動かない状態になってしまいました。よく確認してみると、別のメーカーの電源ケーブルを接続して使用していました。最新のデータであれば、すぐに調達ができるのですが、過去数年にわたってのデータもバックアップのために保管していたのデータためにどうしてもWD30EZRZからのデータが必要です。よろしくお願いします。

対応内容

WD30EZRZの診断を行ってみると、完全に動かない状態になってしまっていましたので、重度物理での対応と診断しました。同型HDDへディスクの移植を行い、制御基盤の調整を行うことで、データ領域への正常なアクセスが可能になりました。データの確保を行い、オープン確認を行ったところ、正常にデータを開くことができたので、復旧データとしてお渡ししました

 

メーカーの違う電源ケーブルを使用されると、本来必要とされる電気の強さとは違う電気が流れるため、機器の故障が発生します。複数のメーカーの外付けHDDなどを持っておられる方は特にご注意ください。電気的なトラブルで故障となってしまった場合、重度障害での対応と診断せざるを得ない可能性が非常に高いです。皆様にとって、お金に換えることができないデータは少なからずあろうかと思います。うっかりトラブルなどから大切なデータを失わないためにも外付けの電源ケーブルを間違われないようにしてください。

 

電源を間違えて動かなくなったなったHDDでもクイックマンならデータ復旧できる可能性はあります!!まずはフリーダイヤルよりご相談ください。

 

外付けハードディスクその他の外付けHDDの復旧事例はこちら

データ復旧クイックマン
大阪市中央区南船場2-12-10ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。