パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

認識しなくなったポータブルHDDからのデータ復旧

$img['alt']
このエントリーをはてなブックマークに追加


障害状況

メーカー:バッファロー   型番:HDW-PD1.0U3(1TB)
症状:アクセスができない。  障害状態:起動不良

 

海外に滞在中に必要になり、購入したものになります。帰国してからそうそう使うことはなかったのですが、久々に使おうとして、とりあえずUSBでつないでみると、HDW-PD1.0U3のランプがつくだけで、きちんと認識してくれているかがわからない状態です。どうすればデータにアクセスできるのでしょうか?また、修理ってできるのでしょうか?

 

対応内容

まず、HDW-PD1.0U3の診断を行ってみましたが、お客様よりうかがった通りの症状が出ているのですが、詳しく見てみると、低めの電子音が断続的に通電中になり続けていました。状況としては、開封許可とそのリスクをご理解いただいてからでないと作業ができない状態でしたので、説明を行い、開封作業の許可をいただいて、診断作業を続行しました。フタを開けてみると、ヘッドがディスク上にあり、ディスクの回転を妨げている状態でした。強制解除を行ってから起動が正常に行われることを確認して、ディスクイメ―ジの取得を開始しました。

 

作業結果

HDW-PD1.0U3より、90%以上のデータの復旧に成功しました。


担当者より


診断時点からのリスクで一番気になっていたのが、ディスクに傷が入っていないかどうかというところでした。これだけはパッと見て判断できることもありますがほぼできないので、通電時の挙動やディスクイメージの状態で判断を行っていきます。やはり、一部の領域で傷が入っているような読み込みを行っていましたが、無事にディスクイメージを取得することができたので、そちらよりデータの復旧を行うことにしました。一部にデータの破損がありましたが、もともと必要なデータはなんとか復旧ができていたので、確保できたデータを復旧データとしてお渡ししました。

今回のような現象では、全く傷が入っていなければ、すべてのデータが復旧であると判断することができます。また逆に傷が深くなっていると、ヘッド自身の損傷率も上がってくるので、重度物理での対応が必須となってきます。さらに、ディスク自体に傷が入っていると、部品交換を行っても復旧ができないということは、よくあります。診断を行うことで、ある程度の復旧成功率を見込むことも可能です。まずは無料診断をご利用ください。

 

データ復旧クイックマン

データ復旧クイックマン
大阪市中央区南船場2-12-10ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。