パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

なぜかデータが消えてしまっているUSBメモリからのデータ復旧

$img['alt']

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


障害状況

メーカー:SONY   型番:USM1GL(1GB)
症状:データ消去  障害状態:データ消去

 

USM1GLに客先からいただいた資料を保存していました。一度社内の持ち帰って作業を行い、編集を行ったデータをUSM1GLに上書き保存していました。その後、データの最終確認を行った後に客先でそのデータを開こうとしたところ、データが消えてしまっていました。社内を含めてバックアップは一切行っていなかったので、ここにしかデータがない状態です。プロジェクトのスケジュールの状態からデータを今日中に客先に引き渡せないといけないので何とかしてください。

 

対応内容

念のため、USM1GLの認識状態の確認を行ってから、消失データの解析作業を行いました。元々伺っていたファイル名のデータは出てこなかったのですが、同じ拡張子を持つファイルは多数確認できたので、お客様にオープン確認を行っていただきました。すると、その中から必要なデータができてましたので、復旧データとしてお渡ししました。

 

作業結果

USM1GLより、100%のデータの復旧に成功しました。(復旧対象のファイルのみに限定しています。)


担当者より

10年近く使用されていたUSBメモリでした。長い間使用されていると、USBメモリをはじめ、SDカードやCFカード、SSDなどはデータの保持ができないということが発生してきます。長くても7~8年程度で新しい媒体に交換を行うようにして下さい。今回はたまたまデータを復旧させることができましたが、データの破損率が非常に高い状態であることは間違いないです。データの復旧を行ったとしても破損データであることが多いので、復旧不可と判断をせざるを得ないことがしばしばあります。

データが消えてしまったり、うっかりで消してしまったデータでも、データ復旧をできる可能性はあります!まずはフリーダイアルよりご相談いただき、無料診断をご利用ください。

 

データ復旧クイックマン

データ復旧クイックマン
大阪市中央区南船場2-12-10ダイゼンビル4F
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。