復旧事例

Macに接続している外付けHDD(LHD-EN2000U2W)からのデータ復旧(物理障害 Macで認識しない 大阪市浪速区 サービス業)

投稿日:2021.12.20 更新日:2021.12.20


このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:ロジテック製 (内蔵:WesternDigital)
型番:LHD-EN2000U2W (内蔵:WD20EARS)
症状:Macに接続してもアイコンが出てこない
障害:物理障害
費用:49800円~ (税込54,780円~)
期間:約3日

 

※オプション料金別

 

お客様より

デジタルカメラのRawデータを保存するために使用している外付けHDDで、Macへ接続して利用していました。ある日突然、Macで認識できなくなり接続してもデスクトップにアイコンが表示せずディスクユーティリティでも見つからない状態です。お客様に納品用のデータ等がある為、重要なデータをなるべく早く復旧できないでしょうか?

 

データ復旧のご依頼・費用のご確認などお気軽にご相談ください。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

 

診断の結果

外付け用のケースからHDDを取り外し、専用機器で初期診断を実施しました。HDDをPCで認識するためにファイルシステムが不良セクタ等の要因で破損しており、PCで正常認識できなくなっていることを確認しました。専用機器で不良セクタへの物理的な処置を実施することでデータが復旧できる可能性がある為、物理障害の特急対応としてお客様にご案内いたしました。

 

 

復旧作業にチャレンジです

不良セクタが発生している3.5インチのHDDから同容量のHDDへのクローン作業を行いました。クローン作業の過程で、不良セクタが発生している部分へピンポイントで読取調整や負荷調整を行うことで99.99%以上の精度で作業が完了しました。クローンHDDを解析するとお客様のデータやフォルダ構造を確認することができました。

 

復旧作業の結果

解析結果のデータからランダムに40点開いてみることで、正しいデータが取得できているかの確認を行いました。確認の結果40点全て正常に開くことができました。お客様にも再度ご来店いただき、データの状況をご確認いただきましたが過去のデータから今後の納品用データまですべて揃っていると判断していただけました。ご納品用のHDDにコピーし、復旧データをお渡しいたしました。

 

担当技術者より

最近、お客様にご準備いただいた保存用メディアとしてSSDをお預かりすることが増えてきております。時代とともにSSDも大容量化・価格が下がる等の要因でデータ保存メディアが変化しております。SSDのご依頼も年を重ねるごとにご依頼件数が増えてきている為、クイックマンでは近年SSDの復旧技術の向上に取り組んでおります。HDDでもSSDでもご対応可能な業者は数が少ないので是非ご相談ください。

 

まとめ

Macで認識できなくなったLogitec製外付けHDD(LHD-EN2000U2W)からでも、クイックマンならデータ復旧が可能です。まずは、フリーダイアルよりクイックマンまでご相談くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

大阪市中央区南船場2-12-10 ダイゼンビル4F

心斎橋本店

心斎橋本店

データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店

大阪市北区梅田1丁目1-1番3 大阪駅前第3ビル 2F

梅田大阪駅前店

梅田大阪駅前店

(東急ハンズから長堀通沿いに東へ30秒)

(大阪駅から地下街で直結、大阪駅真正面)

 

嶌津 篤勝(しまづ あつかつ)
幼い頃から様々な機器の分解が大好きで、ハードディスクの分解組み立てスピードと正確さはクイックマン随一の分解スピードマスター。精度も高く、分解成功率はなんと98%以上!頼れる分解技術者です。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/