復旧事例

【緊急対応】データ読めなくなったポータブルハードディスク(MQ01ABD100)からのデータ復旧(論理障害 大阪市住之江区 デザイン業)

投稿日:2021.10.21 更新日:2021.10.21


このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:不明 (HDD:WesternDigital製)
型番:不明(内蔵HDD:MQ01ABD100)
症状:データを読めない
障害:論理障害
費用:39,800円~ (税込み43,780円~)
期間:24時間以内

 

※オプション料金別

 

お客様より

WindowsとMacの両方で使用しているハードディスクです。Macで編集したデータをお客様へ送ろうとWindowsパソコンにつなぐと、保存しているデータを読み出さなくなってしまったため、Macにつなぎなおして読ませてみたのですが、こちらでもデータを読ませることができませんでした。一からデータを作り直すには納期までの時間がなく困っています。明日にはリミットになるので、できるだけ早くデータをいただきたいです。

 

データ復旧のご依頼・費用のご確認などお気軽にご相談ください。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

 

診断の結果

専用機器を使用して、ハードディスクの診断を行ってみましたが、特に物理的な障害は見つからなかったため、論理障害での対応をお伝えしました。ただ、お客様のご要望から気特急対応でのご依頼をいただきました。

 

復旧作業にチャレンジです

クローン作業を行い、クローンディスク上のデータの読み込みを確認していましたが、何かしらのデータが存在しているということは確認できたのですが、フォルダ合ファイルの情報までを読み出せなかったため、解析作業を行いました。その結果、お客様から最優先と伺っているファイルの存在が確認でき、画像データのオープン確認でも正常に開くことができたため、復旧成功都市、データの確保作業を行いました。

 

復旧作業の結果

取得したデータの確認をお客様に確認いただき、必要なデータが問題なく復旧できていたことを確認いただけたため、復旧成功とさせていただき、データのお渡しを行いました。

 

担当技術者より

最近はほぼ聞かなくなりましたが、WindowsとMacの両方で使用されているハードディスクの内部が読まなくなるという障害でした。現在ではWIndowsのフォーマットであってもMac環境で読み込めるようになっているため互換性があるという認識を持たれるようなことがありますが、Macフォーマットの機器は現在でもWindowsでは認識することができないため、互換性があるとは言えません。MacとWindowsの両方の機器を使用されている場合、使用頻度の高い機器側でしっかりとバックアップを行っていただくのも一つの方法かと思われます。

 

まとめ

データ読めなくなったポータブルハードディスク(MQ01ABD100)からでも、クイックマンならデータ復旧が可能です。まずは、フリーダイアルよりクイックマンまでご相談くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

大阪市中央区南船場2-12-10 ダイゼンビル4F

心斎橋本店

心斎橋本店

データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店

大阪市北区梅田1丁目1-1番3 大阪駅前第3ビル 2F

梅田大阪駅前店

梅田大阪駅前店

(東急ハンズから長堀通沿いに東へ30秒)

(大阪駅から地下街で直結、大阪駅真正面)

 

嶌津 篤勝(しまづ あつかつ)
幼い頃から様々な機器の分解が大好きで、ハードディスクの分解組み立てスピードと正確さはクイックマン随一の分解スピードマスター。精度も高く、分解成功率はなんと98%以上!頼れる分解技術者です。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/