復旧事例

バッファロー製外付けHDDで異音がする症状からのデータ復旧(重度物理障害 ハードディスクから異音発生 奈良県奈良市 建設業)

投稿日:2021.10.04 更新日:2021.10.04


このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:バッファロー製 (内蔵:東芝製)
型番:HD-LC2.0U3 (内蔵:DT01ACA200)
症状:異音がしてパソコンから認識しない
障害:重度物理障害
費用:118,000円 (税込129,800円)
期間:4日程

 

※オプション料金別

 

お客様より

主にCADデータを保存するために使用していた外付けHDDを誤ってパタンと倒してしまいました。その後からパソコンで正常に認識できず、カチカチと異音がしています。バックアップを普段から取るよう気を付けていましたが、最近忙しくとっていなかった為、何とかデータの復旧をお願いします。

 

データ復旧のご依頼・費用のご確認などお気軽にご相談ください。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

 

診断の結果

診断の結果、通電を開始直後カチカチとHDDから異音が発生していることを確認しました。データの読み書きを行う磁気ヘッドに不具合が生じている可能性が高い為、分解・部品交換が必要である重度物理障害としてお客様にご案内いたしました。

 

 

復旧作業にチャレンジです

クリーン環境にてハードディスクの開封作業を行いました。目視にて目立った傷が無い為、その後の磁気ヘッド交換作業等を行いました。作業完了後、改めて専用機器にてHDDの状態確認を行うと正常に動作していた為、クローン作業を行い99.99%以上の精度でクローンHDDを作成することができました。クローンHDDを解析することでお客様のデータが確認できました。

 

復旧作業の結果

取得したデータをリモート接続にてお客様にご確認いただきました。CADの他にEXCELデータやPDFデータ、写真データも重要とのことでしたので念入りにご確認いただくと、十分満足できる復旧結果とのことでしたのでご納品させていただきました。

 

担当技術者より

磁気ヘッドの先にはデータの読み書きを行うためのチップがあるのですが、使用を続けると、微細な振動などでディスク面と接触し、摩耗することがあります。個体差はありますが、20年近く使用できたハードディスクも実際にありますが、壊れないからと言って長期間同じハードディスクを使用されることはお勧めできません。また、取得できたデータについて、一部のデータについてはオープン確認ができない場合があります。しかし、条件によってはオープン確認が行える場合もあるため、専用ソフトがなければデータの中身が見れないのかという質問を開発元へ行っていただくことも選択肢の一つです。

まとめ

バッファロー製外付けHDDで異音がする症状(HD-LC2.0U3)からでも、クイックマンならデータ復旧が可能です。まずは、フリーダイアルよりクイックマンまでご相談くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

大阪市中央区南船場2-12-10 ダイゼンビル4F

心斎橋本店

心斎橋本店

データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店

大阪市北区梅田1丁目1-1番3 大阪駅前第3ビル 2F

梅田大阪駅前店

梅田大阪駅前店

(東急ハンズから長堀通沿いに東へ30秒)

(大阪駅から地下街で直結、大阪駅真正面)

 

嶌津 篤勝(しまづ あつかつ)
幼い頃から様々な機器の分解が大好きで、ハードディスクの分解組み立てスピードと正確さはクイックマン随一の分解スピードマスター。精度も高く、分解成功率はなんと98%以上!頼れる分解技術者です。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/