パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

カチカチと異音がしてデータアクセスできない外付けHDDからのデータ復旧

$img['alt']

このエントリーをはてなブックマークに追加

機種:外付けHDD
メーカー:Buffalo
型番:HD-LC2.0U3-BKC
HDDメーカー:TOSHIBA
HDD型番:DT01ACA200
症状:ドライブ認識不可・異音
障害状態:物理障害
作業日数:1週間
価格:【定額】¥49,800

※オプション料金別

お客様より

外付けのハードディスクがパソコンで正常に認識できなくなってしまいました。起動するとカチカチと変な音が鳴っていて中のデータを見る事ができない状態です。自分でファイルシステム修復ソフトなどを使ってみましたが状況は変わりません。データの取り出しをお願いします。

診断の結果

お預かりしたハードディスクを診断機材にてチェック致しました。4つに分かれている記録面のうちの一つの状態が著しく悪く、データアクセスするも異常に時間がかかり、また完全にアクセス不可能な箇所も多く存在していることが確認されました。物理障害としてお預かりいたしました。

復旧作業にチャレンジです

復旧機材にてHDDを制御することで、データアクセス異常のある磁気ヘッドを停止した状態でデータ読込を実施致しました。読込異常部分を除いた4分の3ほどについては約1日でデータ読込を完了し、ある程度のデータが確保されました。残りのデータアクセス不能部分についてデータ読込を実施したところ相当数の不良セクタが見受けられ、HDD1台の複製に丸1週間ほどの時間が必要となりました。

復旧作業の結果

お客様にデータを確認していただき、一部に欠けがあるものの充分に価値ある復旧状態だとの判断を頂きました。お持込された納品用外付けHDDにデータを書き込んだものを納品となりました。

担当技術者より

ディスクや読込磁気ヘッドの状態によっては想定よりも多くの作業時間が必要となる場合があります。ご来店時の30分ほどの診断でおおまかに判断させて頂いておりますが、読込作業後半に不良セクタが集中して存在している場合など予測しきれない状況もございます。データ復旧作業はそれぞれのケースに合わせた最適な作業内容を実施し、それぞれのケースによって作業時間が変動することをご承知いただきますよう宜しくお願い致します。

まとめ

物理的な故障によってデータアクセスできなくなっているHDDでも、データ復旧できる可能性があります。フリーダイアルよりご相談くださいますよう、よろしくお願いいたします。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

出張データ復旧

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

 大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F
梅田大阪駅前店

データ復旧クイックマン 梅田店

 大阪市北区梅田1丁目2-2 大阪駅前第2ビル3F 303号室
お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。