復旧事例

SYSTEMERRORが発生した2010年製SONY製(BDZ-AT700)からのデータ復旧(物理障害 滋賀県大津市 個人様)

投稿日:2021.10.06 更新日:2021.10.06


このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:SONY
型番:BDZ-AT700
症状:電源投入後「SYSTEMERROR」と表示し、起動できない
障害:物理障害
費用:99,800円~ (税込109,780円~)
期間:約1週間

 

※オプション料金別

 

お客様より

ビデオカメラで撮影したホームビデオを保存していたSONY製のレコーダーですが、2カ月ぶりに起動しようとすると「SYSTEMERROR」と本体前面のパネルに表示されてテレビ画面には「リセットするかメーカーまで電話してください。」といった表示になっていました。10年間の撮影したビデオがなんとしてでも復旧できればと思い、相談させていただきました。

 

データ復旧のご依頼・費用のご確認などお気軽にご相談ください。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

 

診断の結果

レコーダーに内蔵されているハードディスクを取り出し、専用機器で診断した結果、不良セクタと呼ばれる読み取りのできない領域を多数確認しました。内蔵されているハードディスクに物理障害に対する処置や解析作業を実施することでデータが復旧できる可能性がある為、お客様にご案内いたしました。

 

 

復旧作業にチャレンジです

内蔵ハードディスクをデータ復旧の専用機器で制御し、クローンの作成を実施しました。データの読み込みができない不良セクタの箇所には読み取り時間の調整や負荷調整を行いました。結果として99.99%以上の情報を正常に読み取ることができました。その後、作成したクローンハードディスクのSONY製レコーダー独自の特殊な解析作業を行い、お客様の必要なホームビデオのデータを確認することができました。

 

復旧作業の結果

解析作業で確認できたデータを一時取得し、店頭にお客様にご確認いただきました。380GB 程の動画データがありましたが、特に重要な部分をご確認いただきました。一瞬ノイズが入る映像などもありましたが十分に満足できる結果とのことでしたので、復旧データとしてご納品させていただきました。

 

担当技術者より

SONY製レコーダーは、メーカー独自のシステムが組み込まれており他社製のレコーダーと比べてもかなり特殊な作業が必要となります。その為、個人様では負担できない高額な見積もりになる場合が多く、復旧をあきらめかけていたという声をよくお聞きします。クイックマンではできる限りリーズナブルな価格設定で個人様でもご相談いただきやすいサービスを展開しております。

詳しいご説明は下記サイトをご参考いただければ幸いです。

 

まとめ

「Plese」表示から進まないパナソニック製ブルーレイレコーダーからも、クイックマンならデータ復旧が可能です。まずは、フリーダイアルよりクイックマンまでご相談くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

大阪市中央区南船場2-12-10 ダイゼンビル4F

心斎橋本店

心斎橋本店

データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店

大阪市北区梅田1丁目1-1番3 大阪駅前第3ビル 2F

梅田大阪駅前店

梅田大阪駅前店

(東急ハンズから長堀通沿いに東へ30秒)

(大阪駅から地下街で直結、大阪駅真正面)

 

嶌津 篤勝(しまづ あつかつ)
幼い頃から様々な機器の分解が大好きで、ハードディスクの分解組み立てスピードと正確さはクイックマン随一の分解スピードマスター。精度も高く、分解成功率はなんと98%以上!頼れる分解技術者です。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/