復旧事例

フォーマット要求が表示される外付けハードディスク(HDS2-A4.0)からのデータ復旧(物理障害 堺市南区 サービス業)

投稿日:2021.10.02 更新日:2021.10.02


このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:アイオーデータ製 (HDD:Seagate製)
型番:HDS2-A4.0(内蔵HDD:ST2000DM001)
症状:フォーマット要求
障害:物理障害
費用:49,800円~ (税込み109,780円~)
期間:4日程度

 

※オプション料金別

 

お客様より

動画の編集用のデータを保存していました。最近接続しているパソコンがたまに不安定になり固まることがあるため、強制シャットダウンを使うことが多かったのですが、とうとう昨日HDS2-A4.0からフォーマット要求が表示されるようになってしまいました。ここ一か月ほどの動画データが必要です。なんとかデータの復旧をお願いします。

 

データ復旧のご依頼・費用のご確認などお気軽にご相談ください。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

 

診断の結果

ハードディスクを専用機器にて初期診断を行ってみたところ、1台は特に物理的な障害が見当たらなかったため論理障害。もう1台はデータ領域内の不良セクタが見つかったため物理障害が発生していると診断しました。お客様にはそれぞれの障害状態をお伝えした上で、複合障害でご案内することにしました。

 

 

復旧作業にチャレンジです

専用機器にてクローンディスクを作成しました。お預かりした2台ハードディスクそれぞれに対してクローン作業を行いましたが、論理障害と診断したハードディスクからもごく一部ですが、不良セクタが見つかり最終的に2台とも99.99%以上の領域取得に成功しました。クローンディスクのデータ領域内へのアクセスを行ってみたところ、それぞれのハードディスクでまったく一致しないデータが存在していました。とりあえず確認できたすべてのデータを取得し、オープン確認を行ってみましたが、選択したすべてのファイルが正常に開けることを確認しました。

 

復旧作業の結果

お客様にデータの状態をお伝えしたうえで、取得データの確認を行っていただきました。お客様に確認いただいた範囲で今回必要とされているデータやそのバックアップが無事に復旧できていたため復旧成功と判断し、データのお渡しを行いました。

 

担当技術者より

今回のような複数台のハードディスクが使用できる機器では、機器上の設定を調整してあげることで、RAIDを設定することやそれぞれを単独で使用(単体モード)することができます。単体モードやRAID0など、データの対する冗長性が低い状態では機器が故障した際に取り返しのつかないトラブルに発展するリスクもあるため別媒体などを準備してバックアップを行うようにしていただければと思います。

 

まとめ

フォーマット要求が表示される外付けハードディスク(HDS2-UT4.0)からでも、クイックマンならデータ復旧が可能です。まずは、フリーダイアルよりクイックマンまでご相談くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

 

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

大阪市中央区南船場2-12-10 ダイゼンビル4F

心斎橋本店

心斎橋本店

データ復旧クイックマン 梅田大阪駅前店

大阪市北区梅田1丁目1-1番3 大阪駅前第3ビル 2F

梅田大阪駅前店

梅田大阪駅前店

(東急ハンズから長堀通沿いに東へ30秒)

(大阪駅から地下街で直結、大阪駅真正面)

 

嶌津 篤勝(しまづ あつかつ)
幼い頃から様々な機器の分解が大好きで、ハードディスクの分解組み立てスピードと正確さはクイックマン随一の分解スピードマスター。精度も高く、分解成功率はなんと98%以上!頼れる分解技術者です。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/