パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

QNAPで赤いランプが点灯・点滅したときは 症状が悪化する前に診断をオススメ

$img['alt']

このエントリーをはてなブックマークに追加

QNAP機器のご相談がクイックマンでは急増しています。

特に「本体の赤いランプが点灯・点滅している」という内容が多いです。

そこで今回は、QNAPのトラブル時の対応方法をご紹介させていただきます。

「QNAPの特性」「エラーランプの意味」「データ復旧が必要かどうか」

についての説明です。

是非ご参考ください。

 

QNAPとは

QNAPは「キューナップ」と読み、台湾のメーカーが製造しているNASです。

主に台湾やヨーロッパ・北米で人気がありますが、日本では製品の独自性・性能・安定性の良さから近年ユーザー数が増えてきています。

 

QNAPの最大の特徴は、高速な処理ができることと

独自のアプリケーションがあることです。

 

高速な処理

・処理能力が高いため高速でスムーズなファイル共有・バックアップ等の操作ができます。

 

独自のアプリケーション

・File Station(データ管理ソフト)

・Photo Station(写真管理ソフト、アルバムを作成したり写真を整理できます。)

・Video Station(動画管理ソフト、インターネット経由で動画を共有できます。)

・Music Station(音楽管理ソフト、QNAPに保存されている音楽をiTunesの様に再生できます。)

・Note Station(スケジュール管理・ノート機能があるアプリで、Googleカレンダーと同期ができます。)

・Qsync Central(NAS・パソコン・スマホなどさまざまなデバイスでファイルの同期ができます。) 

 

QNAPの使用目的は、

・会社で複数人で使用する共有フォルダ

・重要データのバックアップ

・業務システムのデータベース

として使われることがあります。

 

当社でもファイルサーバーとしてQNAPのNASを利用しています。

 

ラインナップは企業、データセンター向けのハイエンドモデルから部署単位で使用するミドルレンジモデルのもの、

一般家庭向けのエントリーレベルモデルのものまでさまざまあります。

 

QNAPのステータスランプにはどんな意味があるの

本体正面に「STATUS」や「ⅰ」と記されているランプがシステムステータスランプです。

表示内容は 消灯/緑/赤の3種類で点灯や点滅のパターンによって正常かエラーが発生しているかを判断できます。


◆緑点灯は正常です◆

NASの準備ができている状態

◆0.5秒ごとに緑で点滅はNASが正常に動作しています◆

①NASが起動中

②NASが構成されていない

③ハードディスクがフォーマットされていない

◆赤点灯はエラーです要注意◆

①ハードディスクが無効

②データ容量がいっぱいになった(もうすぐいっぱいになる警告の場合もある)

③システムファンが機能していない

④ハードディスクのデータを読み込み/書き込み中にエラーが発生した

⑤ハードディスクに不良セクタが発生した

⑥NASが読み取り専用の機能低下モードになった(RAID5またはRAID6の構成でハードディスクが故障したが、読み取ることはできる状態)

⑦QNAPの自己診断機能でハードウェアエラーを検出した

◆0.5秒ごとに赤で点滅はエラーです要注意◆

NASが機能低下モードになった(RAID1・RAID5・RAID6の構成でハードディスクが故障した、読み取り・書き込みができない状態)


◆0.5秒ごとに緑と赤で交互に点滅は特殊な処理を実行中です◆

①ハードディスクのフォーマットを実行中

②NASの初期化を実行中

③システムファームウェアが更新中

④RAIDの再構築を実行中

⑤オンラインRAID容量拡張が実行中

⑥オンラインRAIDレベル以降が実行中

◆ハードディスクランプの表示について◆

緑→ハードディスクが正常にアクセスできる状態

緑の点滅→現在ハードディスクにアクセス中

赤→ハードディスクにアクセス中にエラーが発生した(要注意)

データ復旧が必要な表示内容 ※赤ランプには要注意※

1.ステータスランプが赤の場合

・ハードディスクに不良セクタ(物理的な障害)が発生している または、RAID5・RAID6の構成でハードディスクが故障している

2.ステータスランプが0.5秒ごとに赤で点滅する場合

・RAID1、RAID5、RAID6の構成でハードディスクが故障している

3.ハードディスクランプが赤の場合

・ハードディスクへデータを書き込んでいるときにエラーが発生した場合

 

赤ランプが 点灯/点滅 している時にやってはいけないこと

◆RAIDのリビルド(再構築)を実行する

RAIDのリビルド(再構築)を実行してデータを復旧させようとすることは非常に危険です。

NASで同時期から使用し始めているハードディスクは同時期に故障する可能性が高いため、リビルドを行うと正常なハードディスクに負荷がかかり故障するリスクがあります。

その場合データが復旧できなくなる可能性があるのでリビルドを行わずにデータ復旧業者にご相談ください

 

◆ハードディスクの入れ替えや交換

QNAP製のNASは複数のハードディスクを1つのハードディスクとして扱っています。そのためデータを書き込むときに複数のハードディスクに分散して書き込まれます。

ハードディスクを外して順番を入れ替えたり間違えて正常に稼働しているハードディスクを新品に交換したりするとデータが破損してしまいます。

ハードディスクの入れ替えや交換は絶対に行ってはいけません。

 

◆ハードディスクを取り外しパソコンに接続する

QNAPのNASで複数のハードディスクを1つのハードディスクとして扱うことから、ハードディスクを1台だけ取り外してパソコンに接続するとQNAPのNASのシステムデータが破損してしまいます。

そうなるとQNAPのNASに戻しても認識できなくなるためハードディスクを取り外しパソコンに接続はしないでください。

 

どんな業者にデータ復旧を頼めばいいか

QNAPのNASのデータ復旧は症状と本体の設定内容によって復旧難易度が大きく変わります。

特に「ストレージプール」という機能を使用しているQNAPのNASの場合、技術力のあるデータ復旧業者でないと対応できない可能性があります。

QNAPのNASにトラブルが発生しデータ復旧が必要な場合は、下記のようなポイントでデータ復旧業者を決めてみてはいかがでしょうか

①QNAPの復旧実績の多い業者

②技術力のある業者

③診断無料の業者

④重度な障害まで対応できる業者

⑤電話相談をしてみて信頼できそうな業者

 

クイックマンは上記のすべてを満たしています。

QNAPのNASでトラブルがあった際は是非一度お電話ください

 

対応可能なQNAPの機種

●ES2486dc ●ES1686dc ●TES-1885U ●TDS-16489U R2

●TVS-EC2480U-SAS-RP R2 ●TVS-EC1680U-SAS-RP R2

●TVS-EC1280U-SAS-RP R2 ●TS-1886XU-RP ●TS-h886

●TS-h686 ●TS-2888X ●TS-1685 ●TS-h1283XU-RP

●TS-2483XU-RP ●TS-1683XU-RP ●TS-1283XU-RP

●TS-983XU-RP ●TS983XU ●TS-883XU-RP ●TS-883XU

●TVS-1282T3 ●TVS-872XT ●TVS-672XT ●TVS-472XT

●TS-453BT3 ●TS-1673AU-RP ●TS-1273AU-RP

●TS-873AY-RP ●TS-873AU ●TS-h1277XU-RP

●TS-h977XU-RP ●TS-2477XU-RP ●TS-1677XU-RP

●TS-1277XU-RP ●TS-977XU-RP ●TS-977XU

●TS-877XU-RP ●TS-877XU ●TVS-2472XU-RP

●TVS-1672XU-RP ●TVS-1272XU-RP ●TVS-972XU-RP

●TVS-972XU ●TVS-872XY-RP ●TVS-872XU ●TVS-872N

●TVS-672N ●TS-1673U-RP ●TS-1673U ●TS-1273U-RP

●TS-1273U ●TS-873U-RP ●TS-873U ●TVS-873e ●TVS-673e

●TVS-473e ●TS-653D ●TS-453D ●TS-253D ●TS-873

●TS-673 ●TS-473 ●TS-1263XU-RP ●TS-1263XU

●TS-863XU-RP ●TS-863XU ●TS-463XU-RP ●TS-463XU

●TS-1635AX ●TS-1253DU-RP ●TS-853DU-RP

●TS-453DU-RP ●TS-453DU ●TS-1253BU-RP ●TS-1253BU

●TS-853BU-RP ●TS-853BU ●TS-453BU-RP ●TS-453BU

●TS-653B ●TS-453B ●TS-253B ●TS-453Be ●TS-253Be

●TBS-453DX ●TS-1232PXU-RP ●TS-832PXU-RP

●TS-832PXU ●TS-432PXU-RP ●TS-432PXU ●TS-431X3

●TS-451DeU ●TS-932PX ●TS-832X ●TS-332X ●TS431KX

●TS-431XeU ●TS-451D2 ●TS-251D ●TS-351 ●TS-451+

●TS-251+ ●HS-453DX ●TS-431P3 ●TS-231P3 ●TS-431P2

●TS-328 ●TS-231P2 ●TS-431K ●TS-231K ●TS-131K

●TS-230 ●TS-128A

 

クイックマン(S&Eシステムズ株式会社) フリーダイヤル:0120-775-200

 

 

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

 

出張データ復旧

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

 大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F

データ復旧クイックマン 梅田店

 大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル2F

お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。