パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

アイコンは表示されるがアクセスができない外付けハードディスクからのデータ復旧

$img['alt']

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:Seagate
型番:ST500DM002
症状:認識するがアクセスができない
障害状態:物理障害
費用:定額49,800円+オプション
期間:1週間程度
※オプション料金別


お客様より

自前でケースを購入して外付け化して使用していました。普段使っているパソコンがSSDを使用しているため、定期的にバックアップに意味を込めてデータをまとめて移動して整理をしているのですが、今回もデータの移動作業を行い、30分ほどしたところで、少しずつ残り時間が増えてきました。一度データの移動を止めるとそれまで認識していたST500DM002の外付けがアイコンが薄く表示される状態になり、アクセスできなくなってしまいました。データ領域へのアクセスもできそうにないので、プロにお願いしようと思いました。写真と動画がほとんどです。お願いします。

診断の結果

専用機器で診断を行ってみました。データの読み込みはできるのですが、通常想定される読み込みの早さではなく、たまに読み込みが止まってしまう状態でした。ヘッド部分が完全に壊れかかっているため、物理障害として対応しディスクイメージの取得を行うことにしました。


復旧作業にチャレンジです

本来であれば、500GBのディスクイメージを取得する場合、数時間程度で作業が完了するのですが、今回は全データ領域を取得するのに3日程度の時間を必要としました。取得したイメージからはデータへのアクセスが問題なくでき、ランダムのオープン確認でも問題なくファイルを開くことができました。

復旧作業の結果

作業の結果をお客様に確認いただきました。必要なデータが元に戻っているの状態であることが確認でき、非常に喜んでいただけました。

担当技術者より

アイコンが薄く表示されている、認識してくれないなどといったトラブルは論理障害から重度の物理障害までどの障害にも当てはまってしまいます。専用の機材を通してでなければ、ハードディスク自身に非常に負荷がかかる状態となり、論理障害などの軽度障害で復旧できていたものが、重度障害に発展することがあるため、お客様自身で診断を行われること自体をあまりお勧めいたしません。状態が悪化するまでに診断は無料で行っておりますので、是非ご利用くださいますよう、お願いいたします。

まとめ

クイックマンでは、アイコンは表示されるがアクセスができない外付けハードディスクでも十分にデータの復旧を見込むことができます。突然の機器障害でお困りの際には、まずご相談いただけますようお願いいたします。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

外付けハードディスク
その他の外付けハードディスク復旧事例はこちら


出張データ復旧


データ復旧クイックマン 心斎橋本店

 大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F

データ復旧クイックマン 梅田店

 大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル2F

お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。