パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

落下物のせいで認識しなくなったポータブルHDDからのデータ復旧

$img['alt']

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:Seagate製
型番:SRD00F1(1TB)
症状:データにアクセスできない
障害状態:HDDの認識不良(物理障害)
価格:【定額】¥49,800


※オプション料金別


お客様より

一部手書きの資料を作成して提出しなければならないかったので、パソコンで作った資料を参考にしながら作業を行っていました。作成中の資料も見ながら物思いにふけっていた時にうっかり握っていたペンをSRD00F1の上に落としてしまい、そこからマイコンピュータ上では表示されるのですが、中のデータにアクセスができなくなってしまいました。今回の資料を作るために2年ほど時間をかけて集めてきたデータなので、どうしても必要です。何とかデータを取り戻してください。

診断の結果

正常に起動するところまでは問題なかったのですが、HDDの制御情報や実際に保存されているデータへアクセスをしようとすると、非常に不安定になる状態で読み込みができない領域も出てきていました。物理障害での対応が必要と判断しました。

復旧作業にチャレンジです

ディスクイメージの取得を開始して早々に読み出しができない領域が点在している状態でした。通常ですとディスク全体のイメージ取得に数時間というところですが、今回の作業ではディスクの状態があまり良くなく、全体のイメージ取得に1週間程度の時間を必要としました。取得したディスクイメージからでは中のデータを読み出すことができず、解析ツールを使用してデータの一時取得を行いました。

復旧作業の結果

最終的に99%以上の領域が取得できていたことからほぼすべてのデータを復旧できていると判断はしていましたが、念のためお客様にデータの確認を行っていただきました。確認の結果、復旧したファイルの中で破損データはありませんでした。復旧成功と判断いただき、データ復旧を完了しました。

担当技術者より

HDD内のヘッドの劣化や損傷があると、データの読み書きに時間がかかってきます。必要な情報を読みに行こうとしてなかなか読み出せない状態が続くと、カチカチと重度物理特有の音が鳴りだして、最悪は部品交換という事態に発展しかねません。今回もディスクイメージを取得している間に何回もカチカチという音がしており、いつ重度障害に発展してもおかしくない状態でした。読み込みができないところは専用機器での調整で何とか読み出しができたので、高い復旧率を見込めましたが、1セクタでも読み込みができない領域があると、復旧率にどう影響するか実際のデータを確認しなければ判断ができないところがあります。

まとめ

パソコンに繋がれている状態で何かしらのトラブルが発生すると、重症化しやすい傾向があります。特に故意ではなくても落下などの物理的衝撃を与えてしまっている場合は復旧不可となりかねないときもよくあるのでご注意くださいね。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



ポータブルHDD
その他のポータブルHDDの復旧事例はこちら

出張データ復旧


データ復旧クイックマン 心斎橋本店

 大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F

梅田大阪駅前店

データ復旧クイックマン 梅田店

 大阪市北区梅田1丁目2-2 大阪駅前第2ビル3F 303号室

お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。