パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

小さく電子音が聞こえてくるポータブルHDDからのデータ復旧

$img['alt']

このエントリーをはてなブックマークに追加

メーカー:日立製
型番:HTS545050B9A300(500GB)
症状:HDDの認識不良
障害状態:モーターロック(重度物理障害)
価格:【定額】¥99,800

※オプション料金別

 

お客様より

個人でデザインなどを行っているのですが、仕事のデータはもちろんのこと、家族の撮り貯めた写真や動画なども容量に余裕があったので保存していました。つい先日、カバンから取り出した際に落下させてしまいました。慌てて認識してくれるか確認を行ってみましたが中のモーターが回っているような感じもなく、一定の周期で電子音のような音がかろうじて聞こえてくるだけです。こんな状態でもデータの復旧は可能でしょうか?

診断の結果

認識の確認の際にすでにケースから取り出されていましたので、そのままお持ちいただき診断を行いました。HDDからはお客様から伺っていた通り、周期的に電子音のような音がしている状態でした。モーターロックによる重度物理障害でほぼ間違いないと判断し、お客様に診断の結果と復旧費用のご案内を行いました。

復旧作業にチャレンジです

モーターロックの場合、ロック状態を強制解除することで、周期的に発生する電子音が鳴る状態を改善させることができます。ただし、ディスクにデータの読み書きを行っていくパーツに異常な負荷がかかり、強制解除後も正常に稼働してくれない場合があります。その場合はヘッド交換を行って・・・と、通常の重度物理障害の対応になるのですが、強制解除に成功してもディスクに傷が入り、一部のデータが破損してしまうときこともあります。
今回の作業におきましては、強制解除に成功し、ディスクイメージ取得時にごく一部ですが、読み出しができない領域がありました。

復旧作業の結果

99%以上の領域が取得できていたことと、フォルダの構成が伺っていた状態と大きな差がなかったので、復旧成功と判断し、お客様にデータの確認を行っていただきました。確認の結果、一部のファイルに破損がありましたが、重要な仕事のデータには破損などがなかったので、復旧成功と判断いただき、データ復旧を完了しました。

担当技術者より

モーターロックからのデータ復旧の場合、今回のような一部データの破損が発生して復旧が完了するというパターンがほとんどです。たまに傷などがなく復旧できることもありますが、前述の状態か部品交換を行うことが、モーターロックの場合は多いです。防ぐ手段としましては、衝撃吸収型のハードケースとまではいかなくとも、100均などで購入できるクッションがついている袋などをケースとして使用していただくだけでもモーターロックの原因となる衝撃からHDDを守ることができようかと思います。

まとめ

重度の物理障害まで障害状態が進むと、データの復旧作業が非常に高度になってきます。インターネットで調べた知識などで、場当たり的に作業を行うと大切なデータを取り戻せない最悪な状態を迎えてしまうこともあります。特に重度の障害で開封されてしまった場合、どの復旧業者におかれても通常の復旧費以上の金額提示を受けるのがほとんどです。少しでも怪しいと感じられた場合は、すぐにご相談をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。



ポータブルHDD
その他のポータブルHDDの復旧事例はこちら

出張データ復旧


データ復旧クイックマン 心斎橋本店

 大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F

梅田大阪駅前店

データ復旧クイックマン 梅田店

 大阪市北区梅田1丁目2-2 大阪駅前第2ビル3F 303号室

お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。