クイックマンからのお知らせ

サーバーへのショートカットが使用できなくなった時の障害別データ復旧

CATEGORY: 京都京丹後 京都四条烏丸 京都西京極 倉敷 六甲 出雲 吹田岸辺 吹田豊津関大前 奈良大宮 山口周南 岡山西辛川 島根太田 島根江津 広島安芸 徳島石井 心斎橋 新宮 松山衣山 梅田 滋賀草津 神戸三宮 福知山 米子 豊岡 高松松縄 高知四万十 高知塩屋崎
2021.08.27

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に呼ばれるNASやサーバーといった機器は、皆様が使用されているパソコンを通じてアクセスを

行われていますよね?またこういった機器に接続する方法としては、ipアドレス等を指定し、アクセス用の

IDとパスワードが必要となるのですが、そういったことをせずとも、ほとんどの方はデスクトップなどに

保存している”ショートカット”を利用して直接的なアクセスを行われていることがほとんどです。

 

皆様がいつものように使用されているNASやサーバーなどへのショートカットが使用できなくなることがあります。

それは、何かしらのトラブルが発生して、NASやサーバーのアクセスが遮断されてしまったときです。

状態によっては、再起動を行うことで症状が改善されることもありますが、機器の状態によっては

起動自体ができなくなる場合もあります。

その切り分けのお手伝いができるよう症状別にデータ復旧の対処法をまとめてみました。

 

 

機器のチェックや確認作業を行う前に

 

NASやサーバー機に保存されているファイルを開くと、一度使用されているパソコンに

ファイル情報の読み込みが行われてから画面に表示されています。作業中にアクセスが

できなくなってしまったら、一度は必ず皆様が使用されているパソコンに保存を行って下さい。//

そうしてあげることで、一部ではありますが、使用できなくなった機器からデータを退避させるのと

同様の対応になります。コレ、意外に重要なことなので当たり前なことかもしれませんが、

うっかり閉じてしまうと、それまでの努力が完全になくなってしまうので要注意です!。

 

それでは紹介させていただきます。

 

 

電源が落ちている?!

NASやサーバーなどは必ずと言っていいほどほとんどの機器で電源ランプと

アクセスランプと呼ばれる2種類のランプがあります。

それぞれのランプが点灯もしくは点滅をして、機器の状態を伝えてくれるのですが、

全てのランプが点灯もしくは点滅していないと、機器自体の電源が落ちてしまっている

可能性が高いです。

原因としては機器が高温状態になってしまって安全装置が働いてしまったというところです。

このような場合、一度機器を常温まで冷ましつつホコリなどがあればエアダスターなどで飛ばしてあげてから、

電源を入れなおしてあげることで正常起動してくれるはずです。電源さえ入れれば作業完了となりますが、

特にNASの場合、起動完了時にビープ音が鳴ることが多いため、それが確認できるまでは異常が発生しないか

監視されるほうが良いかと思います。

 

ランプの点滅

ランプの点滅?と思われる方もおられます。普段から不定期にチカチカと点滅しているランプが

ありますよね?あれは、アクセスランプと言って、HDDへのアクセスが行われる際に点灯し、

アクセスがなくなれば消灯されるようになっているため、不定期にかつ素早く点滅しています。

ここでお伝えしたいランプの点滅は、一定の定められた周期でランプが点滅している状態を

さしています。機器によって周期や色などが様々なためメーカーのホームページなどで

確認していただくことを推奨します。

 

再起動させても起動しない

前述のランプの点滅でお伝えしたような状態が発生していると、再起動を行っても

症状が改善されることはありません。一部の機器を除いて、NASやサーバー機には

RAIDといわれる複数のHDDを使用して一つのデータ領域として認識させていたり、

専用の特殊フォーマットが採用されているため、どうしてもデータ復旧業者に

頼らざるを得ません。その際は、以下の作業を行わないよう、ご注意ください。

・リビルド作業(RAID設定の再構築)

・ディスク交換

・・・・・・・・・など

障害が発生してしまった場合、データ復旧業者に依頼することが安全かつ最短の近道になります。

また、スピードも求められますので対応力の高い業者を選択されることをお勧めいたします。

 

 

障害状態をできる限り把握する

 

様々な企業で社内に設置していたNASやサーバー機のデータをクラウドサーバーへ移行されるように

なってきていますが、まだまだ社内にサーバー機能を持った機器を設置して・・・という企業は多いです。

トラブルに備えてのBCPなどを策定し、対応方法まで万全に備えているという企業はほとんどありません。

緊急度の高いデータとなるとどうしても社内事情が先行して焦りが生まれ、その結果、事態を悪化させて

しまい、ご相談をいただくというケースもよくあります。

まずは確認できることから確実にトラブルの切り分けを行っていただき、わからないことがあれば

メーカーではなく専門家にご相談いただくのも解決の早道ではないでしょうか?

 

 

 

突然の機器トラブル、緊急でデータ復旧が必要な際はクイックマンにご相談ください。

クイックマン(S&Eシステムズ株式会社) フリーダイヤル:0120-775-200

 

 

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

 

出張データ復旧

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

 大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F

データ復旧クイックマン 梅田店

 大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル2F

お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/