パソコン修理・データ復旧事例紹介CASE STUDY

【格安データ復旧に潜む罠】復旧失敗例と依頼時の注意点

$img['alt']

このエントリーをはてなブックマークに追加

突然の機器トラブル、データを復旧するにはお金がかかる。

できる限り安くで、データ復旧をできないか?

殆どの方はそう考えられると思います。

 

インターネットで格安でデータ復旧してくれる業者を探すと

数千円からの価格でデータ復旧をされている格安業者さんが存在します。

 しかし、各社業者さんは1~2名程度の個人事業でされている場合が多く、

技術力やサービス品質の低く、データ復旧を依頼したのに満足できないという方も多くいらっしゃるようです。

 

そこで、本日は格安データ復旧業者に依頼し失敗した例を紹介させていただきます。

 

尚、今回紹介させていただくのは格安業者さんのデータ復旧では満足できず

クイックマンにお持ち込みいただいたお客様の例となります。

 もちろん、格安のデータ復旧業者様で無事データが復旧でき満足できた。

という方も多くいらっしゃると思いますので業者選びの参考としてお読みいただければと思います。

 

【ケース1】重度物理障害は提携会社に依頼する!格安ではないデータ復旧の見積もりが掲示された!

【お客様より】

データ復旧一律○万円と表示のあった格安データ復旧業者に郵送で依頼をしました。

料金が一律なので安心していただのですが、

診断の結果、

「自社では対応のできない重度物理障害の為、提携先に依頼する。」

とのことで、見積もり金額は一律金額の数倍の見積もりだった。

事前に重度の物理障害の時の説明がなく、業者さんの対応に不安を感じた為、キャンセルした。

東京の業者さんだったので送料が往復で数千円かかった。

クイックマンより】

重度の物理障害に対応ができないということは

格安データ復旧業者さんでは、よくお聞きする話です。

重度の物理障害の場合のデータ復旧費用は、

日本国内では10万円以下になることは、ほとんどありません。

 

「カチカチと異音が発生しているハードディスク」など

重度の物理障害の可能性が高い症状の場合は、

ある程度の費用がかかる覚悟が必要です。

 

格安データ復旧業者には依頼しても復旧できず、

遠回りをしてしまうことがありますので注意が必要です。

 

クイックマンなら重度の物理障害も全国最安水準の価格でご対応させていただけます。

重度の物理障害の場合は、10万円以上の費用がかかる場合もありますが、

事前のお電話で技術者が直接ご説明させていただきますので、

遠回りをする心配はありません。

 

【ケース2】格安PC修理店で専門技術なしにハードディスクの分解作業、データ復旧不可能に!

【お客様より】

ハードディスクから異音が発生して認識しなくなりました。

なるべく費用をかけずにデータ復旧をしたかったので格安データ復旧業者を探しました。

インターネットで会社の近くにパソコン修理店を見つけ、

データ復旧も15,000~で行っているとのことだったので持込ました。

数日後に

「ハードディスクのヘッド交換を行ったが、データ復旧できなかった」

との連絡が来ました。

個人で経営されている格安業者さんだったので、

しっかりとしたデータ復旧の専門業者なら

復旧できるかもしれないと思いクイックマンに相談しました。

【クックマンより】

お持ち込みいただいたハードディスクに分解作業を行った形跡がありました。

通常、初期診断でハードディスクの開封作業は行いませんが、

今回は、お客様にご了解をいただきハードディスクの開封し内部の状態を確認しました。

 

クイックマンの技術スタッフが、ハードディスクのカバーを開けた瞬間に

「あっ!」と声をあげたくなる悲惨な状態でした。

 

ハードディスクのプラッタと呼ばれる記録メディアに

指紋の付着、

大小多数のスクラッチ(傷)、

そして指紋などを拭き取ろうとした痕跡

を確認しました。

 非常に残念なことですが、

一目見ただけでデータ復旧ができない状態であることが確認できました。

ハードディスクの分解作業には、適切なクリーン環境と、熟練の技術が必要です。

 

お客様も私たちも、

「格安のデータ復旧業者に依頼していなければ、、、」

という気持ちにならざる負えませんでした。

 

【ケース3】間違った作業をすすめてくる格安データ復旧業者

【お客様より】

ハードディスクからカチカチと異音が発生し認識しないので

格安のデータ復旧業者に持ち込みました。

診断してもらった結果、以下の診断結果を伝えられました。

□ハードディスク内部のヘッド部品が制御できていない。

□ヘッド部品が暴れている場合、ヘッドか基板がおかしい可能性がある。

□ヘッドの交換作業は技術がいるからできないが、基板の交換作業ならできる。

□この症状だと、50%の確率で基板の交換でデータ復旧ができる。

□成功しても失敗しても、部品代と作業費で3万円程度、費用が発生する。

 50%の確率ならと思い作業を依頼しましたがデータ復旧できませんでした。

データをあきらめることができず

技術力のある会社なら復旧できるのではと思い、

データ復旧専門のクイックマンに改めて相談しました。

【クイックマンより】

 お持ち込みいただいたハードディスクを専用機器で診断した結果、

通電時にカチカチと異音が発生した後にモータが停止する

ヘッド部品が損傷している典型的な症状でした。

 

お客様にご説明とご了解をいただいた後に、

ヘッド部品の交換作業を含む重度障害の処置を行うことでデータを復旧することができました。

 

クイックマンでの経験上

ヘッド部品が制御できずに異音が発生する場合は、

ほとんど間違いなくヘッド部品の交換作業が必要となり

基板側の作業でデータが復旧できることは、ほとんどありません。

ほとんどと書かせていただいているのは、

15~20年以上前のごく一部のハードディスクは

カチカチ音が発生していても基板作業で復旧できる可能性があるからですが、

現在のハードディスクでは基板作業で復旧できることは、まずありえません。

「先の格安データ復旧業者さんに支払った3万円は無駄金といわざる負えません」

 実は、クイックマンでは過去にこのようなケースを何度かご対応させていただいております。

業者名をお伝えすることはできませんが、

大阪市内のとある格安のデータ復旧会社さんでは、このような対応をされているようです。

 

同業者として、非常に残念ではありますが、

 大阪市内で「基板交換で50%の確率でデータ復旧できます」という案内をする

格安データ復旧会社さんにはお気をつけください。

 

まとめ

格安データ復旧業者さんの良くない面ばかりをご紹介してしまいましたが、

良い格安データ復旧業者さんはたくさんあると思います。

格安データ復旧業者さんでトラブルになる原因は、技術力が足りないことが多いようです。

機器のトラブルが発生した際は、

まずは、技術力のあるデータ復旧専門業者の無料診断をおススメいたします。 

 

費用を抑えて、格安でデータ復旧会社を選ぶ際に失敗しないポイントは以下となります。

 ■技術力は求めない。技術力アピールの格安データ復旧業者さんは要注意。

 ■カチカチ等、異音が発生している場合に、格安データ復旧業者は使えない。

 ■診断費や作業費など、データが復旧できなくても費用が発生する旨の提案をされた時は要注意。

 ■電話や対面対応で不安を感じた場合は、すぐに依頼を中止する。

 格安データ復旧業者さんは、1~2人などでされている個人事業の場合も多く、

事業主さん自身が信用できる方がどうかということも重要な点かと思います。

少しでも不安を感じた場合は、依頼を中止することをおススメいたします。

 

最後に、少しだけ当社の宣伝をさせてください。

 クイックマンは、重度障害も対応可能な専門業者ですが、

できる限り安心価格でデータ復旧を行っています。

また、診断無料、成功報酬ですので安心してご利用いただけます。

ハードディスクのトラブルでお困りの際は、ご相談いただければ幸いです。

 

クイックマン(S&Eシステムズ株式会社) フリーダイヤル:0120-775-200

 

 

データ復旧 クイックマンへのお問い合わせはフリーダイヤル 0120-775-200まで。

 

出張データ復旧

データ復旧クイックマン 心斎橋本店

 大阪市中央区南船場2丁目12-10 ダイゼンビル4F

データ復旧クイックマン 梅田店

 大阪市北区梅田1丁目1-3 大阪駅前第3ビル2F

お問い合わせ:
  Tel:0120-775-200
  ✉:info@s-systems.jp
https://www.quickman-pc.com/rescue/

クイックマンなら失った大事なデータを取り戻せます!
お気軽にご相談ください。チャットなら随時ご質問受付中。

不明点や疑問点がございましたら、お気軽にご相談・お問い合わせください。